【退職届の書き方】最強の退職届テンプレートはこれだ!

「退職届ってどうやって書けば良いの?」
「退職届の正しい書き方がわからない」
「退職届の出すタイミングってどうすれば良いの?」

退職の意思を会社に伝える際、必要になってくるのが退職届。

上司や会社とトラブルを起こすことなく、円満に退職するにはどのような退職届を書くのが良いのでしょうか。

というわけでこんにちは。
退職博士です。

退職博士
これまでに何人もの退職届を添削してきましたが、そんな私が数ある退職届に見られる共通点を研究し、最強の退職届のテンプレートを作成致しました。

一度出した退職届は原則、撤回することができないため、この記事を通して最強かつ最高の退職届を一緒に作っていきましょう。

それでは参ります。

退職届を書く前に

とここで、退職届を書く前に確認することがあります。
それは、会社の就業規則を確認することです。

多くの場合、就業規則には退職届を出すタイミングが記載されていることが多いです。
「退職希望日の◯ヶ月前に退職届を●●を経由して会社に提出する」といったような文章が就業規則に書かれています。
例えば「2ヶ月前に退職届を提出する」と書かれているのに、それを知らず1ヶ月前に出してしまっては、上手に退職することができず、トラブルになる原因にもなりかねません。

そこで、就業規則を必ず確認することで、円満退社のスタートを踏み出すことができます。

退職届ってそもそもなに?辞表や退職願との違いは?

退職届

そもそも「退職届」とは、退職がすでに確定している状態で、退職の意思を会社に伝える書類になります。
退職が確定してない段階で、退職の意向を書面で伝えたいという場合には、「退職届」ではなく「退職願」を作成します。

退職願

退職願とは、会社に労働契約の解除を願い出る書類のことです。

退職願は、口頭で労働契約の解除を伝えるよりも、書類として根拠を残すことで、より強い意思で会社に退職の希望を伝えることができます。

退職博士
すでに退職することが決まっていて、早く退職を済ませたい、といった場合には「退職願」を書くことをおすすめします。

「退職願」は「退職届」に対して、必ずしも必要というわけではありませんが、どうしても今の仕事をやめたいという方は「退職願」を作ってみましょう。

辞表

一方で辞表とは、雇用されていない人がその役職を辞める際に届け出るための書類になります。
概要する例として、公務員や役員、社長、取締役などといった役職の人があげられます。

会社員など、雇用されてる人、雇用契約を結んでいる人の場合は「辞表」を出す必要はありません。

退職届の書き方

退職届を書く前の準備

退職届を書き始める前に、今一度就業規則を確認しましょう。会社の就業規則には退職届を提出する期限が記載されています。会社によっては、1ヶ月から2ヶ月前までと提出する決まりの期限が幅広いので、必ず確認するようにしましょう。

準備する物

  • 白い封筒
  • 白い便箋
  • ボールペン(黒色)
  • 透明のクリアファイル

退職届は白色の無地の封筒に入れ、黒色のインクのペンで書きます。封筒は使用する用紙のサイズに合う大きさを用意し、透明のクリアファイルにいれておくことがおすすめです。

退職届のポイント

退職届の最強テンプレートはこれ

まとめ

いかがだったでしょうか。

退職届の最強テンプレートをダウンロードし、円満に退職できるよう頑張ってください。

それではまたお会いしましょう。

退職博士でした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事