ハローワークを活用しよう!求人を探すコツや応募までの流れなど徹底解説

「ハローワークで良い会社を見つけるコツを知りたい」

誰もが無料で利用することができる職業支援サービス、ハローワーク。

しかし、求人の段階では、どんな会社か判別がつきづらいといった悩みを持っている方も少なくありません。

というわけでこんにちは。

退職博士です。

退職博士
私は自分で仕事をしている上で求人を出すことがしばしばあります。
求人を出す側としては、良い会社であるかどうかの判別がつきやすいです。

そこで今回は、実際にハローワークの求人情報を照らし合わせて、良い会社の見つけ方のコツを紹介していきます。

それでは参りましょう。

ハローワークで探せる求人情報とは?

ハローワークを活用して、求人の募集を探す方法は、以前からよく使われています。
現在でも数多くの企業が、ハローワークに求人を出しています。とくに中小企業は紹介手数料がかからないので、ハローワーク経由での求人募集を重視している現状があります。

そもそもハローワークとは

ハローワークは公共職業安定所の略称で、国が運営している就職支援サービスです。

全国各地にあるハローワークでは、職業相談や求人紹介などを受けることができ、就職に対する疑問点を相談することもできます。
雇用保険の手続きや職業訓練コースの情報提供、就職セミナーへの参加など幅広く支援を行なっているので、ハローワークからチャレンジされる方は多いです。

ハローワークで探せる求人情報について

多くの企業がハローワークに求人票を出しており、ハローワークはその求人票を掲示しています。どんな求人があるか知りたい人は、ハローワークに行って専用パソコンで検索をする方法「ハローワークインターネットサービス」を使う方法があります。

ハローワークに設置されているパソコンでは、まず無料で「求職申込み手続き」を済ませることで、求人情報がいつでも確認できます。求人情報の検索端末の操作はそれほど難しくなく、タッチパネルで操作できるので誰でもすぐに使えます。
もしも、関心を引いた求人情報があれば、相談窓口まで持っていきます。窓口の担当員が、募集を書けている企業に対して、応募の連絡をしてくれます。

「ハローワークインターネットサービス」でも、ハローワークの検索を閲覧することが可能です。ただし、いい求人があったら、ハローワークまで行って紹介状を作成してもらう必要があります。
窓口で求人の募集を頼んだ時は、ハローワークの職員は相手企業の採用担当者と話しながら、現時点での応募人数を聞いてくれることがあるようです。

ハローワークの求人情報は、近隣エリアの求人情報も公開されていますが、地元の地域の情報に限りません。
仕事を広い地域で探すことが可能で、求人情報の更新も毎日行われています。
また、所在地や職種、賃金や休日など細かく条件を指定しての検索が、ハローワークでは可能となっています。

ハローワークのメリット

インターネットを活用することで、誰でも様々な求人情報にアクセスできる今日。

そんな中でもハローワークを活用することのメリットを紹介していきます。

専門家と相談しながら探すことができる

誰にも頼らずに求人探しをすることも可能ですが、ハローワークで相談をすることでより仕事が探しやすくなります。

また、国内のハローワークは情報が統一されているため、日本のはじっこにいながら反対側の求人もパソコンで検索できます。

ハローワークの窓口では、仕事探しをしたいけれど何をすればいいかわからないという人などに、職探しの基本を教えてもらえます。
失業手当の受給もハローワークで行われていますし、就職活動を有利にするためのセミナーや講習会も開かれています。

各ハローワークで個別に行われている講習では、履歴書の書き方指導や模擬面接などもあり、すべて無料で受講することが出来ます。

求人の閲覧以外にも、金銭的な支援を受けながら職業訓練を受けることができるという制度も、多くの人が活用しています。就職活動を成功させるために、説明会や、セミナーなども開催しています。

また、ハローワークでは、障害がある人や、シングルマザーで頑張っている人が就職できるように、条件が合致している求人などを探してくれます。

退職太郎
無料で相談を受けながら仕事を探すことができるのは、ハローワークならでは!

ハローワークにしかない好条件の求人がある

最新の求人をチェックし、自分に合う仕事を探すことがハローワークの基本ですが、その求人の数が多いことが強みです。

ハローワークは、日本国内の様々な自治体に設置されていますので、地方の企業が各地のハローワークに求人情報の掲示を依頼します。
数多くの求人情報が集められていますので、転職活動をする場合には、効率よく仕事探しが出来るようになっています。

また、専門家を通して企業と交渉することができるので、年齢や学歴といった条件が合わなくても即戦力であったり実務経験があったりすれば、どこよりも好条件で働ける可能性があります。

さらに、ハローワークの求人は倍率がそれほど高くないところが多い穴場の求人情報ばかりです。

退職博士
何から手をつけていいかわからないという人でも、まずはハローワークの窓口で相談することがおすすめです。

ハローワークで求人の探し方

では実際にハローワークを活用して求人を探すにはどうすれば良いのでしょうか。

ここではハローワークで求人を探してから応募するまでの流れを解説していきます。

まずはハローワークに行ってみよう

ハローワークは全都道府県にあり、各種窓口のご利用時間は8:30~17:15となっています。休日は休みのところが多いので平日に行くのがおすすめです。

求人検索・就職関連の相談にてハローワークに行く際には、特に持ち物などは必要ありませんが、障害者手帳を持っている人は持参しましょう。

ハローワークは窓口が設けられているので、求人を探しに来たと言えば、必要な手続きやサービスの受け方がわかります。

求職手続きを済ませる

ハローワークで求人を探すためには「求職申込み手続き」を済ませる必要があります。こちらももちろん無料で登録することが可能です。

求職者として、住所や氏名のほかに連絡先、今までどんな仕事をしてきたか、今後どんな仕事を希望するのか、経歴と希望条件を細かく記入します。
そうすることで、ハローワークでの窓口相談や、パソコン検索、求人応募などのサービスを利用するために、ハローワークカードを発行してもらいます。

また、「ハローワークインターネットサービス」を使用することで、オンライン上で「求職申込み手続き」の仮登録をすることもできますが、仮登録後1週間以内にハローワーク窓口で本登録する必要があります。まずはお近くのハローワークを探してみましょう。

ハローワークカードは、全国どの地域のハローワークでも使えますので、上手に活用してください。

求人を探す

ハローワークにて求人情報を探す際、ハローワークに行って専用パソコンで検索をする方法「ハローワークインターネットサービス」を使う方法があります。

ハローワーク施設内に設置されている専用パソコンからは、自由に求人票を閲覧することができるようになっています。
パソコン検索はタッチパネルで操作をすることができますので、職種、所在地、待遇、給与等で検索をかけることで、希望の求人を探すことが可能です。
条件が合いそうな求人を幾つか候補として挙げることができたら、求人票を出力して持ち帰り、他の求人と比べながら選ぶこともできます。

ハローワークインターネットサービスは、一年中いつでもどこでも求人情報を確認することができます。

今いる場所を離れて、遠方で就職をしたいという人でも、ハローワークでは全国的な求人情報を見ることができます。ハローワークには、毎日たくさんの求人情報が登録されますので、ハローワークインターネットサービスも求人情報を集めるのに有効活用しましょう。

応募する

いくつか検索した仕事の中から、応募してみたいと思う求人票がある場合には、ハローワークの相談窓口に持っていきましょう。

相談窓口にて面接時に必要となる紹介状を出してもらいます。

ハローワークの相談窓口の予約をすれば順次、窓口の担当者から呼び出しされて、紹介状を貰うことができます。

履歴書や、職務経歴所、そしてハローワークからの紹介状を揃えることで、求人への応募をすることができますが、具体的な段取りや方法については、各企業によわって異なる部分があります。

ハローワークではすべて無料で利用できる上に、仕事探しに関することであれば、何でも相談窓口で問合せできます。

探し方のコツ

多くの求人情報があるハローワークで、どうすれば自分に合った求人を効率良く見つけることができるのでしょうか。

そんなハローワークの求人の探し方にはさまざまなコツがあります。

タイミング

検索のタイミングは求人情報が増える月始めや週始めがおすすめです。

また、実際にハローワークに行って探す方は、「毎週日曜日」「毎月1日」といったように、定期的にハローワークに行く習慣をつくることで、常に新たな求人情報に触れられます。

また、ハローワークに行く時間帯ですが、午前中に行くほうが、誰よりも早く求人情報を確認して、必要であれば次の行動に移ることができます。

検索の仕方

検索するときにあまり細かく条件を設定するとなかなかヒットしないかもしれません。

なかなかヒットしないときは求人項目の枠がかなり広がるので、例えば事務職を検索する場合、一般事務だけでなく総務事務・経理事務などの事務職に関連する項目も合わせて検索してみましょう。

ハローワークで仕事探しをするときには、検索条件の幅を広げて再検索をしてみるのが、検索して求人情報が少なかった時にはおすすめです。

パソコン操作がハローワークの求人検索では主体ですが、職員にわからない部分は聞いてみるようにしましょう。

希望する職種によって決まっているにが、産業分類番号というものです。番号を聞いて検索をすることで、結果がすぐに出るでしょう。

希望の職種がある程度決まっている人の場合とても便利なのは、希望職種のハローワークの求人についてピンポイントで調べることができるということです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

失業した人が集う場所、という印象をハローワークに対して抱いている方もいますが、ハローワークは、働きながら職探しをすることもできる機関です。

ハローワークでは、日々多量の求人情報が集まってきていますので、新しい仕事を探したいという人にはおすすめです。

迷っている方は一度ハローワークに行ってみるのもいいかもしれません。

それではまたお会いしましょう。

退職博士でした。

おすすめの記事