転職を考えるきっかけや理由とは?おすすめの転職エージェントも紹介

「転職のきっかけを説明されてもどう答えれば良いかわからない」
「こんな理由で転職していて良いのかな」

今働いている会社から別の会社へ転職活動をしようとしていると、「転職のきっかけってなんだろう」とつい思い立ってしまいませんか?

というわけでこんにちは。
退職博士です。

退職博士
退職を研究しまくった私は、それ同様に転職についても研究してきました。

今回はそんな転職を考えたきっかけや理由について、様々な事例の紹介と共に解説していきます。

それでは参りましょう。

転職を考えるきっかけ・理由ランキング

転職を考えるようになる年齢とは

大学を卒業して新卒で入社した会社に長く勤めているという方は多いと思います。

日本人の価値観では、仕事を途中で変えるようなことをせず、同じ会社で働き続けることが、スタンダードなスタイルとされていました。

終身雇用制が基本の日本では、一旦採用を決めたら、定年になるまでずっと働き続けてもらうという雇用関係になっています。

ただ近年、働き方の多様化によって、終身雇用という考え方が時代に合わなくなってきている面もあります。

こういった時代の流れもあって、定年までこの会社に勤め続けるべきなのか、別の会社に行くべきかという点についてを検討する人が増加しています。

日本では、30歳前後が最も転職をしやすい時期だと言われています。

そのため、30歳ぐらいで転職をする人が大勢いるといいますなぜ転職するのかというと、それまでの経験を活かしてよりキャリアアップをするためには、30歳前後がちょうど良い時期だからです。

今まで、10年近く今の仕事をしてきていますので、30歳前後になると十分な実績や、スキルを持っています。

経験の中でしか培うことができない技術や、判断力なども、10年分の社会人生活で身に付けられている年代です。

そのため、より高い待遇の会社や、さらなるスキルアップを考える人が多くなるのも、理解が出来ます。

30代を過ぎて、40代に差し掛かると、転職にかかる難易度が高くなってしまいます。

今のうちに転職をしたいと思うようになる人も少なくありません。

若い人ほど、転職活動では採用されやすくなります。

30歳前後とは、転職活動を成功させるためには、ギリギリくらいの時期といえます。

転職を考えるきっかけについて

終身雇用制を重んじる価値観が変化してきたことで、転職活動を積極的に行う人が多くなってきているようです。

転職をせずに定年まで勤め上げることが善という考え方から、自分の能力を活かすための転職という価値観が広まりつつあります。

これからのことを考え直す時や、小さい子供がい時に転職すべきかどうかは別問題かもしれませんが、転職が頭を過ぎることは幾度かあります。

想定していなかったくらい遠い場所に転勤したり、長期勤務の必要性が生じることがあります。

遠隔地で働くことをいとわないという考えを持っていた場合でも、結婚したり、家を建てたり、子供ができたりすると、遠方での勤務は大変です。

家族がいる状態で転勤の話が浮上すれば、家族は連れていくのか、この地に戻ってこれるのか、様々な条件が組み合わさってきます。

もしも小さな子供がいるなら、自分だけが単身赴任でたまに家に戻る生活をするか、家族にも引っ越しをしてもらうのか考える必要があります。

転職をして、もう転勤のない働き方がしたいという価値観にシフトするような人もいます。

どんな結論が望ましいかは人それぞれでしょうが、転職の動機が、家族との関わりという話は珍しくありません。

周辺環境が変わることは、転職を考える引き金になることがあります。両親が体調を崩して生活支援が必要になったり、自分自身が体調を崩してサポートが必要になるなどです。

転職はできたけれども、自由になる時間が少なくなったり、ボーナスが減額になったりと、折り合いが必要な部分もあります。

転職をする時に考えるべきことは、どんな部分は譲っていいか、どの部分は達成したいか、優先順位をつけて取り組むことといえます。

今の仕事に違和感を覚えたら転職を考える時

会社が抱えている問題を明確に認識した時が、転職を考えるきっかけになることがあります。

少し前までの日本では、最初に採用された会社を定年前にやめる人は、あまりいませんでした。

自分が勤めている企業に対して思うところがあったとしても、言葉に出さず黙々と働き続けることが、会社員の鑑とされていました。

そのような働き方に対する考え方は、年功序列制や終身雇用制度が多くの企業にあった為だと考えられています。

職を転々とする人は結果的に損をして、正社員として働いている限り企業側も社員のためになることをしてくれるという考え方でした。

自分によりよい環境を求めて転職をすることで、結果的に自分にとってプラスになるという価値観ができています。

転職に対してよい印象を持つようになった背景には、転職活動自体が容易になって、転職がうまくいく見込みが立っていることもあります。

かつて、日本国内での転職といえば、自動車業界なら自動車業界、食品業界なら食品業界といった、同一業界が基本でした。

今では、転職支援サイトなどが間に入ることで、転職希望者と企業とのマッチングがしやすくなり、転職活動の幅が広がってきているようです。

官公庁などの公共機関が民間企業の出身者を採用するなど、別の業界から応募する志望者を中途採用で積極的に雇用する企業も目立って来ています。

今まで事務職で働いていけれども、転職をして営業や企画といった、それまでと全く違う仕事につくという人も、多くなってきています。

最近はインターネットを利用した転職活動も発達してきていますので、転職活動を考える時には、まずはネットで情報をチェックしてみてください。

転職活動をスムーズに行う為の対策について

今後の自分の人生を充実したものにするために、もしも転職活動を検討しているなら、満足のいく転職結果が得られるようにしたいものです。

すべきことを十分に行って、転職活動を進めることができれば、収入が途絶えて気持ちの上でも追い詰められている時でも、対応が可能です。

たとえ、転職活動が思うように進んでいなかったとしても、必要な準備や、対策ができていれば、必要以上に動揺しません。

希望に沿った転職先を見つけることができれば、人生が新たに開けます。最近は、転職活動をしている人を支援することを目的とした転職支援サービス業を手がけている会社もありますので、活用するのもいい方法です。

新しい仕事につくことを重視していならば、どんなことをすればいいかを転職エージェントは教えてくれます。

転職活動の経験を摘んでいる人はなかなかいませんので、その道のプロに話を聞けたほうが、的確な行動ができます。

求職者が仕事を探す上では、転職エージェントのような企業はお金をかけずに使うことができるという点で秀でたものといえます。

転職活動をする時には、まずは転職エージェントに話を聞くのもおすすめです。転職活動を成功させるために必要なこととして、情報収集をすることもとても大事です。

採用を希望している企業は、将来的にどんな人材を雇いたいと思っているのかを確認しておきましょう。

自分がどんな分野に関しては得意で、会社にとって役立つ人材になれるかを主張することで、即戦力を求める企業へアピールしましょう。

中途採用をしている会社への転職を成功させるための方法

我慢して毎日出勤しているけれど、会社に居づらい、仕事が合わない気がするという方は大勢いるでしょう。

少なからずの人で、現在の仕事を継続することを強いストレスに感じているようです。

転職をする際には、まず中途採用している会社かどうかを確認する必要があります。

中途採用をしていない会社では、新卒のみの採用になることが多いので転職できる可能性は低くなるでしょう。

あまり中途採用の実績がない企業の中にも、よほどの条件が折り合えば採用の見込みはありますので、いい求人があったら応募してみましょう。

転職活動をより効率的に行うには、転職エージェントを活用していく方法がおすすめです。

自分の時間を使って求人情報を吟味するよりも、条件に合う求人を探しやすくなるためです。

どんな求人を探しているかを登録時に伝えておくことで、職種や勤務地、給与待遇や仕事の内容などの条件が合う企業の求人をあっせんしてもらえることが転職エージェントの強みです。

企業サイドと中途採用者サイドとの、互いの条件ができるだけ合うことが、満足度の高い転職活動の条件ですので、転職エージェントの存在は重要です。

さらに登録しておく転職エージェントは1社ではなく、必ず2~3社は登録しておくと良いでしょう。

というのも、転職エージェントによって持っている求人情報の量に差があるだけでなく、そのエージェントによっても得意分野があるからです。

効率的に転職先を探し出すためにも、いくつかの転職エージェントに登録をしておくといいでしょう。

中途採用先を効率的に見つけるためには、まず転職エージェントを利用してみて、情報を得るといいでしょう。

転職活動にはエージェントを

最近新しい仕事を探す場合に転職エージェントを利用する人が増加しているようです。

現段階で仕事に就いている可能性が高いので、転職を考えていらっしゃる方の多くは、j限られた時間で転職活動をしなければなりません。

とくに残業や休日出勤が多い仕事をされている人はもっと大変です。

面接に転職のため行きたいけれども、相手先との都合が合わずにやむなく応募を辞退したという方も案外多いのではないでしょうか。

転職エージェントは、そんな時に頼りになってくれます。

中途採用に的を絞り、仕事を探している求職者と求人情報を出している企業先との架け橋となってくれる存在が、転職エージェントなのです。転職エージェントを利用するメリットが多いことが、転職エージェントの利用者が年々増えていることからもよくわかります。

転職エージェントとの対談を、まず行います。

現在の市場の動きと照らし合わせながら、求職者の希望する仕事の紹介だけではなく、比較的転職が成功しやすい仕事先を、求職者のスキルに合わせた転職の可能性を考慮し紹介してくれるなど、さまざまな助言をしてくれます。

そのうえ、メールで応募の意志を転職エージェントに伝えるだけで、企業への連絡を行ってくれるという便利なサービスがあります。

魅力なのは、毎回履歴書を書く手間が省けることではないでしょうか。

すべての転職エージェントのこのようなサービスは、費用が無料で受けられるのです。

転職活動を、仕事を変わりたいと思ってする時には、利用してみることをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

転職活動を検討する上で、理由やきっかけの説明を求められた際、ぜひ参考にしてみてください。

それではまたお会いしましょう。

退職博士でした。

おすすめの記事