海外で仕事をするには?仕事の見つけ方からおすすめの仕事まで

「海外で仕事をしたい!」

海外で働くことができたら、違う文化や異なる価値観を持つ人と交流することができて、人生経験として非常に有意義であるといえます。

しかし、一見海外で働くということはなかなかハードルが高いように感じますし、不安要素が多いのも確かです。

というわけでこんにちは。

退職博士です。

退職博士
海外で仕事をすることは、みんなが思っている以上にハードルは高くありません。
以前イギリスに行ったことがあるのですが、海外で働く上で重要なポイントをいくつか見つけることができました。

今回は、海外で仕事をしてみたいそんなあなたへ、仕事の見つけ方からおすすめの仕事まで徹底解説していきます。

それでは参りましょう。

海外で仕事をするメリット

海外で仕事をすることは様々なメリットがあります。日本では絶対に体験できないようなことや、新しいことにチャレンジできるなど、ポジティブな要素が多いです。

そんな海外で仕事をすることに対するメリットをまとめてみました。

価値観が変わる

海外で働くということは、異なる文化と毎日触れる機会があるということです。
言い換えてみれば、現地で生活することだけでも異文化体験です。

しかし、文化が異なるがゆえに、考えさせられるような体験をしたり、嫌な思いをすることさえあります。
だからこそ、様々な文化や宗教、価値観と出会うことによって、深い学びを得ることができます。

今まで当たり前だと思っていたことが、実は当たり前じゃなかったと気づき、それゆえの新しい発見や学び、新しいチャンスを手に入れることもあります。

語学学習ができる

海外で仕事をする上で、語学を習得することができるのは、大きなメリットの一つです。

日本でしか仕事をしないとなると、外国語を使う機会は少ないですし、日本人との交流がメインですが、海外で仕事をすることは、最低でも英語および現地の言語の能力が求められます。

そんな環境下で仕事をするということは、一定レベルの語学を学習することができ、これからのキャリアにおいて武器にすることができます。
何となく英会話教室に通うよりも、生活がかかってる仕事ができるように必死に勉強する方が身に付きやすいです。

自身がつく

多くの人は、海外で働くということに対するハードルが高く感じていることから、海外で仕事ができるようになると自信を持つことができます。

また、一度海外で働けるようになると、いろんな国で働くことができたり、職務履歴がユニークになるといったメリットがあることから、自信がつき、仕事の可能性を広げることができます。

海外で仕事をする時には

この頃は、多くの人が、仕事の関係で海外に行くようになっているといいます。学生時代に海外に留学して勉強をする人が多いことが、海外での仕事が多いきっかけのようです。仕事を探しに行ったわけではないけれど、海外留学先で縁あって就職したという方もいます。世界はグローバル化の波に乗っているため、日本人であることを活かして仕事につく人もふえており、海外の仕事を希望する人もふえています。日本で働いていても、会社の海外進出によって海外の部署や、外国人のお客様との対応をしなければいけない部署に異動になることもあります。海外企業が取引先になったり、海外からの買い付けが来たりと、外国人との仕事の機会も多くなっています。国内だけで仕事をしていた時と違って、海外との仕事はそのための技術や経験も重要です。社員に英語スキルを持たせるために、英語のレッスンの機会をつくっている会社もあります。国内で仕事をしている限りは接点のない人と出会う機会があったり、経験を積むことができますので、きっと自分のプラスになります。海外の仕事に憧れていたという方には、とても嬉しいことでしょう。得に興味がなかったという人でも、行ってよかったという人は多いようです。ずっと国内で働いていたけれども、海外で仕事をすることに長年憧れがあったという人が、海外での仕事につくことは、可能な方法が存在しているものなのでしょうか。いいえ、海外で仕事することに備えて、英語を強化したりして、転職を図る事も可能です。最近は、海外で仕事をしたい人に情報を提供してくれるようなサイトもあります。グローバルビジネスの流れの中で、海外での仕事を望む人がふえています。転職サイトも、そういった人達の夢を叶えるために、積極的に海外の求人情報を紹介したり、転職相談に乗ってくれたりします。

海外の仕事を見つける方法

海外の就職情報がチェックできる雑誌やサイトで、海外の仕事を探すことができます。ハローワークや、国内企業を対象とした求人サイトは、日本の仕事を探したい人向きです。海外で仕事を探す場合は、そのための求人情報を掲載しているサイトを探す必要があります。ごく稀に、海外の仕事が求人票として出ていることがありますが、選びようがないほどわずかな数に留まります。仕事の数が少ないので、職種も選ぶことができないかもしれません。職種や業種などを全く選ばないというのであれば、何とかなるかもしれません。まずは、海外の仕事の求人を掲載しているような雑誌や、サイトを探すところからスタートしましょう。目当てのサイトがあったなら、履歴書の作成方法や、応募の手順などについてチェックしてください。日本の感覚で就職活動をすると、うまくいかないことがあります。海外で仕事をするためには、どうすればいいか、調べておきましょう。履歴書の作成手順一つとっても、国内企業と、海外企業とは異なる点がいろいろあります。書類の選考がうまくいったなら、次は担当者との面接をする必要があります。相手企業との交渉や、面接で話す時などは、日本語では通用しないというケースも多いようです。言葉が話せるかどうかは、海外で仕事をする上ではとても大事です。相手国の言葉が話せなければ、基本的な交渉もできない場合があります。自分の語学力を客観的に提示できるように、語学検定を受けておくことも必要です。海外で仕事をする時には、コミュニケーション力がしっかりある人物であることを、企業は見ることが少なくありません。外国語をしゃべることができるだけでなく、相手と話合って、考えを伝え合うことができるような人は、海外での仕事を得る機会が多いといわれています。

海外の仕事を紹介する会社

もしも海外で仕事につきたいと思ったなら、海外の企業を紹介する会社が役に立ちます。これらの紹介会社は、海外で働きたい人と、海外で働いて欲しい人がいる会社とを、つなぎ合わせる役割を果たしています。海外企業と、仕事を探す人との、条件が折り合う組み合わせを紹介してくれます。人材紹介会社は、企業側から手数料を受け取って経営を維持しています。企業が望む人材を採用できた時に、紹介会社に対してマージンを支払います。こういった海外の仕事の紹介会社もきちんとした会社も、たくさんあります。しかし、その反面、悪質な紹介会社もいるので、利用する際は注意しなくてはなりません。タチの悪い紹介会社は、海外で仕事をしたいという人に、まず語学力の程度を確認します。海外の会社を斡旋するのではなく、海外留学をすることで、海外での仕事探しの足がかりにさせようとするのてず。よりよい条件で海外の仕事を見つけるために、語学留学が役に立つという形でセールスをしてきます。海外留学を紹介することで、紹介した会社には相応のマージンが入りますので、会社は自社の利益のために、海外留学を勧めているとも言えます。一定期間海外に留学すると仕事を紹介しやすいという言い方をされたりしますが、うのみにしないように気をつけましょう。正社員の可能性がある仕事として、インターン留学を勧めてくるような会社もあるようです。確かに、海外で経験をつめるというメリットはありますが、その後の就職につながる物ではない事もあります。海外留学や、海外インターンシップの利用がもともと視野に入っている人ならともかく、仕事探しが目的ならばその会社はちょっと問題です。安心して相談できる人材紹介会社かどうかを知るためには、既にその会社を利用して海外での仕事を見つけたような人の経験談を参考にすることです。

アメリカでの就職とビザについて

ビザの期限や種類については、アメリカで就職を希望する時には考慮しておきたいことです。外国の中には、滞在にビザが必要なところがあります。勉学や仕事のために、その国にしばらく留まりたい人用です。ピザはいらない時もあります。アメリカは、観光で訪れた場合や、商用での滞在期間が3カ月以下であればピザはいりません。つまり、仕事のためといっても、3カ月以上働くつもりであるならば、ピザなしでの入国は不法になってしまいます。専用のピザがいることになります。アメリカの社会問題にもなっていますが、ビザがなくて滞在した場合、不法滞在として罰せられる事もあります。アメリカで就職したいと思っているならば、ピザを何等かの方法で取得することになります。どんな会社に就職したかでも左右されますが、多くの場合は、労働ピザがいるでしょう。弁護士に頼んだり、労働ピザの取得手続きをしてくれるあっせんき業者に頼むなどの方法で、労働ピザが手に入ります。労働ピザ得るために必要な書類や、申込みの手続きは煩雑であり、慣れないとどうしても戸惑ってしまいます。労働ピザは、個人でも取得することは可能ですが、専門家に頼んでしまったほうが、手間がかからずに、何かと便利であるといえます。労働ピザをアメリカで取得するのはどの程度の作業が必要か、もしくは会社が一切の処理をやってくれるものとして、ピザに関しては任せてもいいのかなどをあらかじめ確認しましょう。アメリカで就職するというのは、大変な面もたくさんありますが、あせらずに必要なことをこなして、着実に進めていただきたいものです。※最初と最後の文には「重要語」を必ず入れる安心して相談できる人材紹介会社かどうかを知るためには、既にその会社を利用して海外での仕事を見つけたような人の経験談を参考にすることです。

海外の仕事を紹介する会社

海外の仕事を探す時、必ずといっていいほど出てくるのが、海外企業の紹介会社です。こういった紹介会社の仕事は、人材を探している求人会社と海外での仕事を探している人とをマッチングさせることです。仲介企業が間に入ることで、企業と求職者とが、接点を持てるというわけです。互いの条件が合致して、海外で働きたい人が仕事場を得て、会社側が人材を確保することができれば、紹介会社側は求人を出した企業から手数料を受け取ります。海外の求人人材斡旋会社は、信頼性の高い会社も、一定以上は存在しています。ですが、信頼性に乏しい企業も存在していますので、会社を選んで利用する必要があるでしょう。語学の知識が十分でない人が海外で仕事を求めた時には、会社はある行動に出ることがあります。まずは語学力を高めることが海外で仕事をするためには必要だと海外留学を提案してくることがあります。まずは語学の力を高めるために海外留学をして、そこから仕事探しをしようといういい回しをします。勿論、海外留学をした場合にも、紹介会社には手数料が入ってくるようになっているので、留学してから就職といった手続きを勧めるわけです。紹介会社の中には、海外留学と仕事の紹介をセットのように表現することもありますが、一概にそうは言えません。海外でのインターン制度のような、社員として雇用されないタイプのあっせんをすることもあります。インターン留学は海外での経験にはなりますが、それがきっかけで仕事ができるという保証はどこにもありません。インターンや語学留学で海外に行くという選択肢をもともと持っていた人でなければ、別の人材紹介会社を利用した方がいいでしょう。海外の仕事を紹介してくれる会社は、スタッフの質や会社の実績などは様々ですから、口コミサイトなどを確認して、信頼性の高いところを探しましょう。

海外就職のための労働ビザ

まず労働ビザを持っていなければ、海外で就職できても意味がありません。どうやって労働ビザを手に入れるのでしょう。労働ビザを取得するための一番の条件は、専門的技能を取得しているということです。労働ビザは取りたいと思っても、観光ビザのように簡単に取得できるものではないので気をつける必要があるでしょう。人によっては手続ができないこともあるといいます。その国が労働ビザの発行に関して決めている条件を満たしていなければ、手続をしても認められません。多くの場合労働ビザは専門職を対象としています。労働ビザの取得条件として多いのは、2~3年の職務経験、大学卒業以上の学歴といったものです。どのくらい待てば労働ビザがおりるかは、その人の持つ技術や仕事の内容によって違っています。早い人は2週間から1か月、ふつうは2~3か月程度かかるようです。できれば自国の人間が仕事について欲しいというのが、労働ビザを出す国の側の意向といえるでしょう。国内の失業率を下げるためには、仕事は国内で割り振りたいからです。そのため、労働ビザの発給状況によって釣りあいを取っています。海外就職をするために労働ビザを取るには、とにかく専門的な技術や知識を身に付けることが大切です。

海外就職に関する年齢について

技術力や英語力を身につけ、憧れの海外で就職活動を行おうとした時、気になるのは年齢です。これが日本なら、年齢は就職活動をする上での重要な要素になりますが、海外の就職では、年齢はどの程度気になる事柄なのでしょうか。例えば、アメリカは転職大国と言っても過言ではないくらい転職を行う国です。転職に対する考え方からすれば日本のほうが少数派なのかもしれませんが、それについては不明です。アメリカでの平均的な転職回数は3から4回で、もちろんこの回数以上に転職をする人も大勢います。つまり、アメリカは日本と比べて、転職はごく当たり前に行われている国であると言えます。このことから、転職時には年齢制限は時に無く、年齢が高いからと評価に影響することはそれ程無いと考えれます。一定年齢以下であることが日本で就職する時には非常に重視されており、差別ともいえるくらいです。海外の多く国では実力主義であり、仕事が出来れば年齢など関係ありませんが、日本の終身雇用制のような考え方は無いので、解雇される時もあっさりとしています。一旦採用が決まれば、そうそう解雇されないことが日本のいいところで、将来的な基盤を固めることもしやすくなります。仕事が出来れば年齢に関係なく働き続けられますが、仕事で一定の成果が出ない場合は解雇されます。海外で就職を考えているなら、年齢は関係ありませんが、実力主義であるという事を念頭に置いておく必要があります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

それではまたお会いしましょう。

退職博士でした。

おすすめの記事